mongo village GUIDE

INFORMATION

mongo villageの歴史とあらましをご紹介します。

mongo village HISTORY

100年ほど前のこと、もんごのすけさんたちは長引く日照りに苦しんでいました。 緑豊かだった大きな森は枯れ、あちこちにあった池は石ころだらけのくぼみになっていました。

ほかの鳥たちは水を求めてもう数年前に飛び立ってしまいましたが、もんごのすけさんたちは空を飛ぶことができません。 三方を山に、一方を海に囲まれたその土地で、もんごのすけさんたちは山かげのわずかに残った小さな小さな森で、 小さな小さな木の実を食べて暮らしていました。そんなある日。

「このままではみんなダメになってしまう。」

もんごのすけさんは決意しました。

「みんなで海を渡ろう!」

もんごのすけさんの情熱にあきらめかけていた仲間たちも勇気を取り戻しました。小さな船での大航海。 いくつもの苦難を乗り越え、ついに小さな島々が浮かぶ美しい諸島にたどりついたのです。

その後、もんごのすけさんが最初に降り立った島は、もんごのすけさんの名にちなんで”mongo island”と名づけられました。

もんごっこたちの旅立ち

 

mongo village OUTLINE

mongo villageは、とても小さな島々が浮かぶ諸島です。

緑の木々が立ち並び、美しい草花も豊富で自然豊かな美しいところ。海からのさわやかな風がいつも島を包んでいます。

気候:年間通じてあたたかい島もあれば、年中雪が積もっている島もある。

通貨:どんぐり

音楽:のんびりしたレゲエ調の音楽

特産物:南国フルーツ、めずらしい貝殻

もんご諸島にすむものは、自分たちのことを「もんごっこ」と呼んでいる。

mongo island